2017年度 入学式

 4月4日(火)浦安キャンパスで2017年度入学式が行われた。当日は天候にも恵まれ、キャンパス内の満開の桜が新入学生たちを迎えた。

暖かい陽気の中、式が始まる前、キャパンスのあちらこちらで記念撮影する姿が見られた

式が始まるのを今か今かと待つ保護者。わが子の入学に、緊張のなかに和やかな様子も

厳かに式がスタート。

大学での4年間で諸外国と伍する存在になってほしいと安井利一学長。

新入学生を代表して歯学部の鈴木海登さんが宣誓を行った

宮田淳理事長は「4年間はあっという間です。さまざまな事柄にチャレンジし、夢を叶えるプログラムに積極的に参加してください」とエールを送った

佐藤恒久教育後援会会長は、学生と保護者に向けて教育後援会の説明を行った。また、全国各地で開催される教育懇談会への参加を呼びかけた。

北原仁同窓会会長。学生を支援する「夢プロジェクト」を紹介し、「皆さんの夢の実現を後押ししています」と述べた。

式を終えた学生たちは、明海大生としての一歩を踏み出した

<新入生の声>
大学生活について「将来の夢でもあるホテル業界のインターンシップに参加したいです」(ホスピタリティ・ツーリズム学科)、「小学生の時から続けている合気道を大学でも続けていきたい。教職にも興味があるので、部活と勉強を両立していきたい」(英米語学科)と話してくれた。

ページの先頭へ